債務整理のメリットデメリット

多重債務に悩んだら早めに専門家に相談することをお勧めします。
借金の状況にも寄るでしょうが早め早めの対策で債務整理を行うことが出来るからです。
それでは任意整理による債務整理のメリットは一体どんなところなのでしょう。

まずは、借金の理由は全く問われません。
裁判所が介入する自己破産では浪費やギャンブルなどで出来た借金は
裁判所の判断によって返済の義務を免除されない事がありますが、
任意整理には裁判所が介入しないので、借金の理由などは一切問われないのです。

そして驚くほど手続きが簡単です。
なぜなら弁護士や司法書士などの専門家と貸金業者間の交渉で殆どの手続きが進むためです。
任意整理の依頼者は貸金業者と顔を合わせる必要が無い為、
煩わしい思いをすることは全くないのです。

そして職を失なうことはありません。
自己破産では特定の資格を剥奪されるため職を失う場合もありますが、
債務整理には資格制限が設けられていないので、資格制限で職を失うことはないのです。

では逆に、デメリットもみてみましょう。

たとえば、債務整理をすると、自分が債務整理をしたことが信用情報に載って、
金融機関などの公的機関がそれを共有します。
いわゆるブラックリストに載る、という状態です。
その後の借金・ローンが7年間ほどできなくなります。
ローンには住宅ローンや車のローン、教育ローンまで全て含まれているので、
今後の生活に多大な影響を与えることもあります。

他に、所有している財産を全て手放す必要がある場合もあり、
自宅や車など、全てを一気に失ってしまう可能性もあります。
自分名義の財産を家族で共有している場合、家族にもかなりの迷惑をかけてしまうことになります。

また、あまり知られていないことですが、債務整理をした人のリストいうのが存在しており、
それには債務整理をした人が実名で載っていて、誰でもそのリストを閲覧することができます。
そのため、借金をしていたことを知られたくない人に、
借金をしていたという事実を知られてしまうという可能性は大いにあります。

su-tu